簡単に登記

会社設立代行を利用すると簡単に登記が可能

会社設立は初めての人が行う場合でも、1週間と言う期間の中で会社設立登記を行うことが出来ると言われています。
1週間と言う短い期間で行えるため、簡単に会社設立が出来ると言ったイメージが有りますが、1週間の中で設立に関わる作業には次のようなステップを踏んで行く必要が有ります。

会社設立を行う時には定款を定める必要が有りますが、定款は会社の憲法とも言われている会社の基本的ルールが掲載される重要な書類になります。
定款を定めるためには会社設立のための準備として設立項目の決定や出資者全員の実印および印鑑証明書の交付を受けておく必要が有ります。

次に行うのが定款の作成ならびに認証手続きになります。
認証手続きは株式会社を設立する場合に必要なもので、公証人役場で定款認証を受けることが必要です。
尚、定款は紙媒体と電子定款の2種類が用意されており、電子定款の場合は公証人役場に出向くことなくインターネットを利用して電子認証が可能になり、印紙代の4万円を節約する事が出来ると言ったメリットが有ります。

定款認証が完了すると次に資本金の払い込みと払い込み証明書などの登記書類の作成に入ります。
因みに、会社登記は会社の本店の住所が管轄になっている法務局の登記所で行う事になりますが、会社設立登記を行う時の商号は管轄内で類似商号になっていたとしても法律上は問題が無いのですが、既に登録されている会社と同じ商号で登記を行うと、先に登録されている会社からしてみれば良い気分ではないなどの理由からも、定款を定める段階で、法務局での商号チェックがお勧めです。

会社登記の申請や登録免許税の納税、会社の実印登録と言った手続きを行うことで会社設立が完了するわけですが、簡単に感じられても、定款を定めることや公証人役場での定款認証手続き、法務局に提出する書類の作成や申請手続きなどの作業は簡単に行うことは出来ません。
また、設立後には所轄に対しての届出などを行うなど、初めての人でも簡単に設立が可能と言っても、事前に色々な事を調べておいたり、準備をしておく必要が有ります。

設立登記の作業を行う間、それに集中できる場合はまだしも、設立後の準備も進めるとなると時間が欲しいと言うケースも有ります。
この場合は、会社設立代行を行う会社に設立登記の一連の業務を代行して貰う方法も有ります。
尚、設立代行を手掛ける会社に依頼をする事で、定款で定めておくべき事項などのアドバイスを貰う事も出来ます。”