ネットバンキング

ネットバンキングでの会社設立について

ネット銀行が登場してインターネット上で手続きができるようになってから少し経ちますが、その後は従来の店舗型の銀行もネットバンキングのサービスを提供するようになってきました。これらのサービスを利用すると、手続きをスピーディに行えるというメリットもありますし、手数料を訳できるというメリットもあります。

ですから、会社設立をする際には、ネットバンキングを利用するのも良い方法だと言えるでしょう。恐らく、時代の流れを考えれば、紙で作成されている物理的な通帳というものはいずれなくなって、インターネット上ですべてを管理する時代が来るでしょう。

ですから、長期的に考えてみて、会社設立をするのならネットバンキングを利用できるようになっておくメリットは大きいのですが、会社設立の手続きの中では、やはり従来の通帳のある口座を持っておいた方が良い場合が多いです。その手続きが資本金の払い込みです。会社設立の手続きの一つとして、資本金の払い込みがあります。

払い込むという手続きは振り込みをすれば良いだけなのですが、払い込まれたことを示すために通帳のコピーが求められるのが普通です。これは登記申請の添付書類として必要となります。誰が振り込んだのかや、振り込んだ日時などが分かるようにコピーをとって、それを提出することになるのです。

ネットバンキングで通帳がない場合には、パソコンの画面上で通帳を見ることになりますから、払い込みが完了したことを示すために、プリントアウトして提出することになります。これで払い込みの証明書として認めてくれるのかどうかは法務局によって異なります、事前に確認しておくべきでしょう。

ネットバンキングといっても銀行によってサービスの内容は異なります。完全に通帳を発行できないサービスもありますし、通帳を発行するとともにインターネット上で手続きができるというサービスもあります。会社設立の手続きを考えた場合、通帳はあった方が楽でしょう。ですから、通帳を発行してくれて、かつインターネットで手続きができるようなサービスを利用するのは良い方法だと考えられます。

通帳は会社設立の手続きの時にしか用いない可能性はありますが、手続きを迅速に進めていくためにはあった方が良いです。そして、実際に会社経営を行う段階では、ネットバンキングを利用して手続きをスピーディにして、かつコストを削減していくという方法をとると良いでしょう。”